フットサルでディフェンスする際、相手チームからボールを奪うことができさえすれば、今度は自分達が点を取るべく攻撃側にまわることができるようになります。

ですが相手チームのプレーヤーからボールを奪うというのは、慣れるまではなかなか容易なことではありません。

ボールを奪おうとしたとしても、相手にその動きをかわされてしまえば隙が生まれ、逆に点を取られてしまう可能性が高くなってしまうのです。

そのため相手チームのプレーヤーをマークする場合は、無理にボールを奪いにいくのではなく、相手のコースを切る(相手チームのパスコースを妨害すること)ように動くのが基本となってきます。

粘り強くマークしていれば、逆に相手に隙が生まれることもあるでしょう。

そこを見計らえば、ボールを奪うことができるかもしれません。



なお相手チームのプレーヤーが攻撃中の場合、ボールを持った状態で、こちらのチームのゴールに近づこうとしてくるはずです。

なぜならゴール近くからシュートを打ったほうが、シュートの成功確率が高く点を取りやすいからです。

 

よって逆に守備している側の自分達のチームは、いかに相手チームのプレーヤーをゴールに近づけさせないようにするか、というふうに立ち回っていくこととなります。

とにかく相手チームの前方方面のコースを切るようにマークを続けていれば、相手チームのプレーヤーの動きの選択肢は「後ろのほうもしくは横のほうへ動くか、パスを出していく」というものが残される形となるでしょう。

ただし後ろへ下がってしまえば、相手チームのプレーヤーおよびボールはそのぶんゴールから遠ざかってしまうため、横のほうへ動いたりパスを出したりするという選択肢を選ぶ可能性が高くなるはずです。

 

チームで協力してディフェンスをするためには、同じ目標や方向性を共有していたほうが、お互いをカバーしたり助け合ったりしやすくなります。

例えば上記のように「ゴールに近づくコースを切り、相手に横のほうへの動きやパスを選ばせる」という共通の方向性をチーム全員が頭に入れていれば、より協力しやすくなることでしょう。