味方のプレーヤーがシュートを打ちやすい状況を作るには、そのプレーヤーのシュートを妨害させにくくするよう、同じチームのプレーヤーが協力していくことが大事となってきます。

 

例えば相手チームのプレーヤー全員がゴール付近に固まってきている場合、ボールを持っているのが自分のチームだとしても、なかなかシュートを決めるのが難しくなってしまうでしょう。

この打開策のひとつが、「とにかくシュートを打つ」ということです。

といってもやみくもにシュートを打てばいいというものではなく、相手チームのプレーヤーなどに当たって跳ね返った「こぼれ球」をいかに味方プレーヤーがキープし、すぐに次のシュートへとつなげるという動きが重要となってきます。

守備を固めていたとしても、シュートを打ってはね返った瞬間はどうしても、全体的に混乱が起きやすいものです。

その混乱の隙をついてシュートを決め得点を取る、というのが狙いとなっています。

 

他にも、プレーヤーについている相手チームのマークなどをうまく利用し、味方プレーヤーがシュートを打ちやすいスペースを作るなどの戦略もあります。

相手チームのプレーヤーの意図をうまく読み、その裏をかくなどして、シュートを打ちやすい状況を生み出していきましょう。