ピッチが狭いフットサルでは、ちょっとしたことがきっかけですぐに戦況が変わります。

そしてプレーヤー数が少ないことから1人当たりの果たす役割が大きく、攻守が切り替わるタイミングにすぐ全員が役割を切り替えることができない可能性があります。

特にそれまで攻めていた攻撃側のチームの場合、ボールを奪われて瞬時に守備へと切り替えるのがなかなか難しい傾向にあるようです。

 

フットサルにおいて得点が入りやすい状況の1つは、ボールを奪ってすぐにシュートを打つというような、攻守が切り替わるタイミングとも言われています。

あえて相手チームにボールを持たせて泳がせておき、ここぞというタイミングでボールを奪ってシュートを打ったり、シュートを打ちやすい戦況に持ち込むというのもひとつのやり方です。

 

また裏を返せば、ボールを奪われないことにこだわり過ぎてパス回しを続けていると、逆に相手からのカウンターを食らいやすくなってしまう可能性があるとも言えます。

攻守が切り替わるタイミングを見逃さず、しっかり対応していくという意識を、普段の練習から持つようにしましょう。